Top > and my books > 翻訳・監訳本

●書影をクリックするとAmazonで詳細をご覧いただけます。


『みどりのなかのジュール』

『みどりのなかのジュール』

ジェローム・リュイリエ(作) 結城 昌子(翻訳)
小学館  ¥ 1,544 (税込)

主人公は森の中の川をくだって旅に出ます。その先々でいろいろなものに出会い、やがて。細部に注目してめくっていくのが楽しい本です。名画も絵本の絵も周辺や隅っこがけっこうおもしろいのです。

紙の町のおはなし

『紙の町のおはなし』

クヴィエタ・パツォウスカ (作)結城昌子(訳)
小学館 ¥ 1,890(税込)

パツォウスカーさんは世界的絵本作家。かなりのお年でしたが、チャーミングで芯の通った素敵な女性です。彼女と組んで新作が生まれたのはラッキーなことでした。ぜひ読んでみてください。

直感こども美術館『見てごらん!名画だよ』

直感こども美術館『見てごらん!名画だよ』

マリー・セリエ (著)結城昌子(監訳)
西村書店 ¥ 2,940(税込)

西村書店さんから原書を見せてもらった時、驚きました。私の『ひらめき美術館』にそっくりだったからです。監訳なんておこがましいのですが、「やってみたい」と思いました。きれいな本です。


プリミティブアートってなぁに?

直感こども美術館『プリミティブアートってなぁに? 』

マリー・セリエ (著)結城昌子(監訳)
西村書店 ¥ 2,940(税込)

表紙の写真を見てください。かわいいでしょ。「原始美術」と日本では訳してきましたが、この本で扱っている作品には原始的などとはまったく違った宇宙が広がっています。アートって大きいですね。

 

 

 

 

 

 


▲ このページのTopへ