ミツバチ
ミツバチの一枚画コンクールの主催者である山田養蜂場さんで
たくさんのミツバチと触れ合う貴重な体験をしてきました。

このコンクールは、ミツバチのいる風景や
もちろんミツバチそのものなど、
ミツバチを愛する方々、幼児から一般の部までの
幅広い対象の応募が魅力です。
今年も3歳から94歳までの参加がありました。すごいでしょ!?

最終審査のため岡山の山田養蜂場の本社を訪ねた際、
「みつばち農園」を案内していただきました。

選考委員の専門家の皆さんからお話を伺いながらのひとときは
格別で、最初はびくびくでしたが、気がつくと一匹一匹が
可愛く思えてくるから不思議です。
私の袖に迷い込んだミツバチも
袖を明るい方へ向けたら素直に飛んでいってくれました。

写真 8.JPG

こわごわ持ってみました。想像よりずっと重いのでびっくり。

写真 10.JPG

蜂蜜が大好きな私は蜂蜜を常備しているだけでなく、
体調が今ひとつの際はプロポリスを飲んだりしています。

ミツバチって本当に素敵な存在なんですね。
なのに。。。このところ自然のミツバチが激減しているそうです。
悲しいです。

このコンクールの表彰式は先週朝日新聞社で行われました。
受賞された皆さんの笑顔は素敵でした。

結城昌子

<<絵画コンクールの審査は楽しい。 | 国語の教科書 >>