村上隆の五百羅漢図展
現在六本木、森美術館で開催中の
「村上隆の五百羅漢図展」のオープニングに行きました。

ちょうどハロウィンの日だったので,
会場を行き来する仮装した人たちがとても華やかでした。
もちろん計画されたものです。

写真.JPG

写真 4.JPG

個人的には本当に迫力満点な作品を
ゆっくり鑑賞したかったので、
ちょっとサービス過剰気味にも思えましたが、
現代アートはパフォーマンス込みで作品なのだと思えば
それなりに面白かったです。

それにしても村上さんのパワーは驚きです。
キモ可愛いい羅漢さんが濁りのないキラキラ感で画面を埋め尽くす。
何ともゴージャスなんです。

写真 3.JPG
これぞ日本美術のDNA!? この作品好きです。
クリックすると少し大きくなります。

今回の五百羅漢図展は日本の伝統的な図像や
触発された文学など(制作風景も)も紹介していて、
世界に向けて「勝負」って感じの意気込みが
ひしひしと伝わってきました。

結城昌子

<<ラジオ深夜便  | アルフレッド シスレー展 >>