「小学館あ〜とぶっくシリーズ」が中国で。
すでに、このシリーズは
中国語(繁体字)に翻訳され台湾で出版されています。
今年、中国(大陸)の出版社から日本の出版社を通して
オファーをいただき、翻訳出版されることになりました。
残念ながら、まだ<簡体字>でのかき文字の
仕上がりは見ていないのですが。笑

ご存知のようにこのシリーズは、
名画や画家の美術史的解説の本ではありません。
私が個人的に感動したことを創作的に構成し直し、
子どもたちのために小さな物語にしたものです。

ゴッホの、<うずまきぐるぐる> とか、
ピカソの、<あっち向いてホイッ!> とかは、
中国ではどういう表現になるのでしょうか。
伝わるのでしょうか。
正直、ちょっとドキドキしています。 

結城昌子

seura_chinataiwan2.jpg

seurat_chinataiwan.jpg
台湾版の『スーラの絵本』です。



<<ボスの映画が公開されます。 | 『名画ここどこ』の活用法 >>