日曜美術館の収録
前回、この欄でお知らせした
NHK教育テレビ「日曜美術館」の収録を終えました。

進行役のキャスターは姜尚中さんと中條誠子アナウンサー。

テレビと言えば、フジテレビのCS放送「原寸美術館37V版」での
テンポの早いつっこみと、軽妙な変化球を投げてくる
升野(バカリズム)トークに、
「なんでここでそう来るの?」と慌てふためいている私。
けれど、回を重ねるうちにいつの間にか馴染んでいたようです。

今度はうって変わった姜さんの
あのゆったりと穏やかな語りに思わずどぎまぎ。
勝手の違う進行にとまどう私を、姜さんと中條さんは終始
温かくリードしてくださいました。感謝。

終わってみるとなにを話したのかもよく覚えていない始末。
どんな仕上がりになるのか想像もつきません。
ディレクターの吉田さん、うまく編集してくださいね。

私の話はともかく、クリムトの画像はきれいです。

結城昌子

講演会と日曜美術館
お知らせしておりました葛飾区の講演会には
たくさんの方からご希望から寄せられたようです。
ありがとうございました。

結城本人は喜んでいる反面、
コメント欄からもお知らせいただいているように
「落選しました」というご連絡をいただきますと
「なんとかならないのだろうか」と頭をかかえています。

ただしこの日だけが日曜日で、他の
荒川区(16日・区民に限る)とあきるの市(22日)は
平日です。

まだ時間はありますから
よい解決策が見つかりましたら、このnewsにupさせて
いただきます。よろしくお願いします。

6月28日のNHK日曜美術館に、ゲストとして
結城昌子が出演します。テーマはクリムト。
ご覧いただければうれしいです。

artand管理人 may


神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
今日、神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で現在開催中の
企画展を訪ねました。

「美術館はぼくらの宝箱ー子どもたちの視点がくれるものー」
(9月6日まで開催)

この展覧会については東京新聞に書くつもりですのでここでは控えますが、
特別広い展示スペースではないにもかかわらず、
気がつくと2時間以上も美術館を見て回っていました。

写真は左から、東京新聞のIさん。私。美術館学芸員のIさん。
国立情報学研究所のMさんです。
Mさんはこの展覧会用に作った「想−IMAGINE 」
システムを披露してくださいました。(リンクは一般用です)

kamakura.jpg

鎌倉は今まさにアジサイの季節。
北鎌倉から美術館までは、たくさんの鎌倉詣での人でにぎわっていました。

結城昌子

女性誌で上原美優さんと。
女性週刊誌で美術館の楽しみ方を紹介します。

そのために国立新美術館で上原美優さんとご一緒しました。
大きな目が印象的なご存じ「貧乏アイドル」!
美術館ははじめてという彼女。
その率直な感想は意表を突いていて驚きに満ちていました。
少なくとも私には。

今度彼女の自伝が発売されました。7ヶ月かかって書き上げたそうです。
その内容もまた、驚きの連続。

お互いの著書を持ち合って記念写真を撮ったのですが、
美優さんの愛らしさの隣に立つのがはばかられ、
こんなトリミングになってしまいました。(笑)
下が私の手元です。

美優さんお疲れ様でした。これからも応援していますよ。

uehara1.jpg

uehara2.jpg

結城昌子

東京・荒川区での講演会
「我々はどこから来たのか・・・」が合衆国以外で公開されるのは
1936年にボストン美術館に所蔵されてから今回で3例目という
貴重な展覧会に関連した講演会です、と区のHPに紹介されています。

荒川区立生涯学習センター
03-3802-2332

『ゴーギャン展』関連文化講演会
講演会参加者に展覧会招待券を差し上げます。(一人一枚)  

■日時 7月16日(木) 午後7時~9時 大会議室
■対象 区内在住・在勤・在学の方
■講師 結城昌子
■定員 100名(抽選)
■申込方法 往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記の上
     6月19日(金)必着。(一通一人)
■主催 荒川区教育委員会・NHK
■申し込み・問い合わせ
〒116-8501荒川区荒川2-2-3 荒川区教育委員会事務局社会教育課 
    「ゴーギャン展」関連文化講演会
    担当 03-3802-3111 内線:3359



東京・葛飾での講演会
7月の東京での「ゴーギャン展」に関連した講演を
3会場で行います。

日にち順に会場をご紹介します。最初は葛飾で、日曜日です。
(以下、会場のHPより抜粋しました。)

葛飾区郷土と天文の博物館
03-3838-1101

『ゴーギャン展』関連文化講演会
東京国立近代美術館で開催される『ゴーギャン展』関連の講演会です。
受講された方には『ゴーギャン展』の招待券をお一人様1枚差し上げます。
 ■日時 7月5日(日) 14時~16時
 ■対象 どなたでも 定員150人
 ■講師 結城昌子氏(アートディレクター、エッセイスト)
 ■参加費 無料
 ■会場 講堂
 ■申し込み 往復ハガキに、『ゴーギャン展』、参加される方全員の氏名、
 年齢、住所、電話番号を書いて、6月12日(必着)まで。多数抽選。
 電子申請でもお申し込みいただけます。

artand管理人 may


追悼
忌野清志郎さんが亡くなられた。

私は清志郎さんのはじめての絵本
『ブーアの森』の構成、デザインでご一緒させていただきました。
pb_06.jpg

ステージの上ではロックンロールなアーティストですが、
打ち合わせでお会いした時は、
「この人があのキヨシロー?」と驚くほど、
物静かなシャイな少年のような印象でした。

絵本が発売された時に、子どもたちを招いての読み聞かせの会があった。
その時、清志郎さんがギター1本で歌った「ブーアの森」の歌声が
今も耳に残っています。

謹んでご冥福をお祈りします。

結城昌子

追悼
頼近美津子さんが亡くなられた。

音楽雑誌の対談相手に呼んでいただいた私は、
ほぼ3時間、頼近さんとふたりで美術や音楽について
楽しく語り合ったことを思い出します。

ちょうど一年前のことでした。

「なんて美しく、優しく、健やかな方なんだろー」と思ったことと、
その華やかな笑顔ばかりが頭をよぎります。

謹んでご冥福をお祈りします。

結城昌子

原寸美術館37v版 地上波に登場
「少し先のお話ですが、
原寸美術館37v版が地上波でご覧いただけます」
と書くと、
「ほーっ、ついに地上波で放映されるようになったか」
と誤解されると思います(笑)、が
宣伝のためのアンソロジー版が深夜の地上波で流されることに
なりましたというお知らせです。

オンエアの日程が決定しました。6月27日の深夜30分間。
最近は手間いらずですから、この日時とチャンネルをミスなく
セットすれば翌日でも翌週でも何度でもご覧いただけます。

●『原寸美術館37V版』
フジテレビ 6/27(土)27:30〜28:00
(日曜日の早朝3時半から4時です。)
出演はバカリズム升野英知さんと結城昌子。
原寸美術館という視点で絵を見るおもしろさを存分に
味わっていただける内容です。
圧巻はバカリズムさんの生お絵かき。
「日本列島を片手でどう持つか」などその絵はつとに有名ですが
名画にいたずら描きする!升野画伯、
ちょっとほかでは見られません。

お時間の許す方(あるいはそうでない方も)
ご覧いただければうれしいです。
artand スタッフmay

37v-a.jpg

and kidsがブログに
and kidsのコーナーがブログスタイルになり、
ブログがふたつになりました。

子どもたち、ご両親、美術館関係の方々、学校の先生、塾の先生。。。
contactのページから作品やお問い合わせを
お送りいただくことも、あるいはまた
記事下のコメントからお寄せいただくことも可能です。

同時に
こどもアサヒの、遊んでアーティストコーナーとも
相互リンクしました。

アートとの創造的で愉快なコミュニケーションはもっともっと
求められる時代になっていくでしょう。
鑑賞して楽しく表現する。

artandものんびり着実に
新しい方法を模索していきたいと考えています。

artandスタッフ may

鬼ヶ島通信
私も参加している児童文学の同人誌です。

onibooksjpg

ご興味のある方は、
下記のurlにアクセスしてみてください。

5月10日の文学フリマにも出展される予定です。
鬼ヶ島通信ホームページ    
鬼ヶ島通信ファンサイト

なお、50+2号目の表紙のイラストは私が描いてみました。
結城昌子

ひらめき鑑賞シート
昨年、大阪の
サントリーミュージアム[天保山]さんとのコラボで
つくらせていただいた「ひらめき鑑賞シート」が好評だと連絡がありました。
うれしいです。

サントリーミュージアム[天保山]は、常設展示のない美術館です。
でも地域の子どもたちに、絵を見る楽しさを知ってもらいたい、
興味をもってもらうようにするためには
どうしたらよいのだろうと考えてみました。

引きつづき美術館の方々と話し合い
いろいろな試みをしていきたいと思っています。

結城昌子

ひらめき実施図1-1.JPG

ひらめき実施図3-1.JPG

サントリーミュージアム[天保山]で鑑賞学習をする子どもたち

講演会の予定
7月と10月に講演のお誘いをいただきました。

7月は都内でゴーギャン。10月は四国でモネです。

7月5日東京都葛飾区、16日は荒川区、22日はあきるの市
10月24日は徳島県の大塚国際美術館です。

会場や時間などの詳細が決定しましたら
このブログでお知らせします。

会場でたくさんの方にお目にかかるのを
結城は楽しみにしています。

artand管理人may

GAUGUIN.jpg

原寸美術館37V版 第3シーズン
原寸美術館37V版(CS739はフジテレビONEとして4月から新装オープン)
第3シーズンの収録が始まりました。

第19回はヴェロネーゼの「カナの婚礼」
第20回はクリムトの「ベートーヴェンフリーズ」

どちらも大きすぎて、あるいは頭上高くにあって
現場でも細部を見ることがむずかしい作品です。

一年を過ぎて、二人の息もばっちり・・・
(なのは番組的にはよいのかどうか分かりませんが)
とても仲のよいmc升野さんとナビゲーター結城の二人です。

こんな背景にもあれこれ思いを巡らせながら
番組をお楽しみいただければ、と思います。

artand 管理人may

原寸第3シーズン.jpg

遊んでアーティスト
朝日小学生新聞「遊んでアーティスト」を楽しみにしてくれて
いる全国の朝小ファンのみんな、元気ですか?

いつも「遊んでアーティスト」を応援してくれてありがとう。
みんなはもう気づいたと思うけれど、
コーナーは日曜日から火曜日の終面にお引っ越ししました。

そしてこれからは、毎週の「ブラボー作品」が
朝小のwebsiteでも見られるようになります。
andkidsの「遊んでアーティスト」のアイコンからリンクしました。
これからもみんなの楽しい作品待ってます。

結城昌子


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16